[挑み続ける]ブログ

様々なことに"挑み続ける"ブログです。

言いなりではだめだ。縛られちゃだめだ。自分の頭で考えろ。

こんにちは!りーべるです。

今日はなんとなく思ったことを紡がせていただきます。

 最近、ビジネス本を読む

タイトルの通り、最近ビジネス本を読んでいる。PDCAの回し方だとか、時間術だとか、2:8の法則だとか。怠け者のジブンを変えようと思った。

けれど、なかなかそれらのノウハウを実践に移せない時があって、また自己嫌悪するのだ。なぜ実行できないのか、なぜ集中して勉強できないのか、なぜやるべきでないことをやってしまうのか。

そしてまた、その”なぜ”を解決するためにビジネス本を読む。

ふと思った。「自分で決めたことしかできないのではないか。逆に、自分で決めたことならばできるのではないか。」

自分で考えて、決めること

ビジネス本の著者たちは成功した人物だ。本を出版できるのだから、ほかの人にも認められた、素晴らしい人なのだろう。そんな人たちの真似をすれば、ジブンを変えられるのではないか、と誰しもが思い、本を買う。

ただし、彼らが行っていたノウハウは「自分で編み出したもの」である。

自分で理論立てて、もしくは自分の勘で考え出した方法である。もちろん科学的に証明されたものもあるだろうが。

私が思ったのは、”ジブン”で考え出した方法だから、効果が出たのではないか、やり遂げられたのではないか、ということである。

ジブンで選んだものは、なんとなく愛着がわくこと、ほかのモノより良く見えることってないだろうか。両親に与えられたモノよりも、大切にしたくなることがあるのではないか。(この視点は私が若いからかもしれないが、)

つまり、ジブンが「素晴らしい!」と思ったモノ、「この方法なら捗る!」と思ったコトならば、続けられるのではないか、ということだ。

親に言われると勉強する気がなくなるのも、この類かもしれない。

自分で考えろ

ビジネス本を読むのはいいことだ。ほかの人の考え方に触れられることは少ない。新たな情報を得ることもできる。

ただ、そのまますべてを信じて鵜呑みにして、「ジブンもこのノウハウを使えば、成功できる!!」と考えるのはいけない。そんな、楽して結果を得ようとしても成功することはできない。

ジブンで考えることが大切なのだ。私たちがナニカを得ることができるのは、ジブンで考えて、ジブンの中に飲み込み、昇華させたときのみだ。

さて、期末テストがやばいのでこれでいったん終わり。また続きのようなものを書くかもしれない。