[挑み続ける]ブログ

様々なことに"挑み続ける"ブログです。

Look Good Book!! 「2割に集中して結果を出す習慣術」

こんにちは!りーべるです。

本日"挑む"のは「完璧主義者から脱却すること」です。

本日の目次

 

本書の概要

図解 2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版 | 古川 武士 |本 | 通販 | Amazon

「どんなにがんばっても結果が出ない…」から抜け出すヒント! 
完璧史主義の人は、「がんばることに自体に美徳を感じている」
上手に力を抜く人は、「がんばらないで結果が出ることに美徳を感じている」
できる人は、上手に力を抜いています! 

ひとつでも当てはまる人は、本書をお読みください。
・ 仕事は丁寧だがスピードが遅い
・ なかなか定時に帰れない
・ 全部の仕事に全力で取り組んでしまう
・ 他人に頼るのが苦手
・ 先延ばしグセがある

【本書のポイント】
第0章 完璧主義が効率を下げる
まずは、あなたの完璧主義思考を診断しましょう。
第1章 「短時間で効率的」に仕事を終える
重要な仕事も雑用も、同じくらい労力をかけていませんか?
第2章 「効果的な工夫」で成果を高める
自分のこだわりが強すぎて、相手のニーズとズレていませんか?
第3章 「失敗を恐れず」行動する
万全の準備ができていないと、不安を感じていませんか?
第4章 「精神的な余裕」をつくる
失敗したら、すべて自分の責任だと背負い込んでいませんか?
第5章 「他人の力」を上手に活かす
何もかもひとりでやろうとして、重要なことがおろそかになっていませんか?

(amazon 商品の紹介より)

ということで、自己啓発本です。銀座マルイのツタヤで平積みになっていて、手に取りました。

個人的な感想

読んでいてひしひし感じたのは、自分がいかに完璧主義で時間をムダにしていたか、ということです。

2:8の法則というものがあります。「20%の努力で結果の80%の成果が得られる」というものです。テストで80点を取るためには、100点を取るための努力の20%でいい、というわけですね。80%の努力でいいことはどんどん楽していきましょう。

また、見切り発車でいい、ということにも心を動かされました。私はかなり前から「ブログを書き始めよう」と思っていたわけですが、なかなか実行に移せていませんでした。「まとまった時間ができたら」とか「ブロガー本を一冊読んだら」とか思って、慎重になりすぎていたんです。この本のおかげで、このブログは始まりました。見切り発車でいいんですよってね。

 "挑む"

実際に、私がこの本を読んで"挑む"ことは「完璧主義者を脱却する」です。

  • 慎重になってあれこれ考えるよりも、勢いで始めてみること
  • 大きく状況を見て、小さな失敗しても気にしないこと
  • 大切じゃないことには力を使いすぎないこと

今日も一日挑戦しよう!りーべるでしたー。