[挑み続ける]ブログ

様々なことに"挑み続ける"ブログです。

迷走してしまった私のブログ改革!!

こんにちは。りーべるです。

とにかく更新することが大切だ、といろんなところで書かれているので更新していますが……

ジブンが本来やりたかったことができていない

書いてて楽しくない。無理やり書いてるだけ、っていう状況です。

いったん考え直すことにします。

なぜブログを書きたかったのか

なぜブログを始めたのか考え直してみます。

ブロガーってかっこいい!

1番の理由は、ブロガーってかっこいい!と思ったからです。

私がブログに出会ったのは、趣味である文房具を調べていた時です。周りには文房具を趣味にするような人はいませんでした。しかし、ネットには文房具が大好きでレビューを書いている人がたくさんいました。その人たちがとっても輝いて見えました!

私も、こんな人たちみたいに自分の好きなことを発信したい!と思ったのです。

表現者、発信者になりたい

私は発信者になりたかったのです。

ただの承認欲求を満たすため、と言われたらおしまいですが、自分なりに理由があります。

今の時代、簡単に娯楽は手に入ります。TwitterYouTubeを見ているだけで1日楽しくつぶせます。テレビを見ているだけで1日つぶせます。基本無料のソシャゲでも1日つぶせます。

けど、それでいいのでしょうか。

私たちは手軽で受け身の娯楽に流され、自分では何も生み出せなくなるのではないか。そう考えたのです。

何か自分で作り出すこと、とにかくそれが大切だと思いました。

文章力のUP

社会人では文章力はとても大切らしいです。

社会人になると就活でのエントリーシートや企画書など、文章を書く機会が増えます。長い文章を書き慣れておくことが大切なんだそうです。

ブログでの収入

私、貧乏大学生です(笑)

バイトも始めましたが、まだまだ欲しいものがたくさんありますゆえ…

うまくやれば月に何万円もの収入が入るんだとか!すごいですね!!

 本来書きたかった記事

私は本来どんな記事が書きたかったのだっけ……思い出せ….…!

文房具の記事

私はこれが書きたかったんだよ!

カメラがないとか言って逃げてました。新品のモノじゃなくたっていいじゃない。今まで使ってきた素晴らしいものをちょこちょこ紹介しますね!

挑戦記事

習慣化するのに、周りに報告するとうまくいきやすいそうです。

ブログで報告を義務化してしまえば習慣化できるのではないか。と考えています。

書評

1記事目は書評でしたね。

結構難しくて逃げてました。

本は相変わらず読んでますので付箋を付けたりして、書評の時に振り返りやすいように工夫してみようと思います。

大学生の記事

せっかく大学生なのだから、そこを生かさない手はない!って思ってたのですが、なかなかいい案が浮かびません(笑)

何かしてみたいんですけどね。

SSのおすすめまとめ

SS(2時創作のショートストーリー)が大好きでして、かなりの数を読んでいます。玉石混交なので、おすすめを紹介するのもやってみたかったんですよね。

まとめ

振り返れば、書きたいことがあふれてきました。

せっかくなら、書きたいことを楽しく書きたいですよね!きっと読んでくださる方もそんな記事のほうが楽しく読めると思います。

これからは楽しく記事を更新していきたいと思っています。頑張ります!

次は何の記事を書こうか!楽しみになってきた!

りーべるでした!

早起きができない私が、絶対に早起きできる方法を考えて実践してみる!!

こんにちは!りーべるです。

今日”挑む”のは「早起き」です。

 早起きの重要性

朝活、というものが流行っていますよね!(何年前の話だ)

私もかなり前から、朝活したいと思っているんです。

皆さんも朝の重要性はご存知だと思いますが、一応載せておきます。

精神科医の樺沢紫苑氏が著書「神・時間術」で、「朝の30分=夜の2時間」の法則というものを提唱しています。朝起きてから2~3時間は脳のゴールデンタイムと呼ばれ、夜の4倍もの集中力を持っているといいます。この時間を大切にする、というのが朝活ですよね。(樺沢紫苑氏の「神・時間術」は後に詳しく記事にするつもりです)

なぜ早起きができないのか

朝に一人の時間を作って勉強に充てたいんですよね!でも早起きができない….

というわけで、なぜ早起きができないのか考えました!

  • 寝るのが遅い

 やっぱり寝る時間が遅いと、睡眠不足になって朝起きることができないですよね。遅くとも12時ごろには寝たいのですが、バイトがある日はもうちょっと遅くなってしまうのですよね……

  • 2度寝してしまう

 1度は目を覚ますのですが、「眠い、もうちょっとだけ…」ってなっちゃいますよね!

  • 絶対起きなきゃ!という理由がない

 ここを工夫すれば起きれるんじゃないか、と思います。何事も理由付けが必要ですよね。

  • 部屋が暗い

 朝起きて部屋が暗いと起きにくいです。私情ですが2段ベットの下の段なので、ずっと暗いんですよね。

朝起きるために実行すること

上記の理由を考慮し、私が早起きできるように対策してみます!

寝る前に起きる準備をする

事前準備が大切です!寝る前に朝起きて流れるように活動するため、準備します。

  • 机の上をきれいにしておく。
  • 英語の教材を出しておく。
  • 明日の荷物の準備。
  • 着替えを準備しておく。
  • アラームセット。

ここでポイントが1つ。「スタンフォード式 最高の睡眠」という本に書かれていたのですが、90分周期の睡眠のリズムには個人差が20分ほどあるらしいです。ですので、アラームを20分差で2つかけておくと寝覚めがよいらしいです。

私は6時と5時40分でかけます!

着替えを考えるのに貴重な朝の時間を使ってしまうのはもったいないので、前日の夜に決めておきます。

朝をルーティーン化する

朝起きてからすることを明確にすることを考えた結果、朝起きてから細々としたところまでを完璧にルーティーン化することにしました。

6:00  起床

                 ラジオつける

                 水を一杯飲む

                 伸びをする

                 シャワーを浴びる

                 体重はかる

                 服着る

                 化粧水つける

                 髪乾かす

                 コンタクトレンズつける

                 今日のプランを考える

                 To Doリスト作成

                 英語の勉強

 

6:45  朝食

                 歯磨き

                 髪の毛セット

                 水筒を作る

                 英語の勉強

 

7:50  家を出発

ワードで作ったので、これを壁に貼っておくことにします。

朝に英語を勉強してTOEIC頑張るんだ!

リビングで寝る

2段ベットではずっと暗いままなので、リビングで寝ることにします!

カーテンをある程度開けておいて、日光が入るようにしておきます。日光は人間を目覚めさせるんですよ!

素晴らしい朝を想像する

これが1番大事なんじゃないか、って思います(笑)

1日の始まりの朝。朝がうまくいけばその日が輝くこと間違いなしです!

終わりに

とにかく早起きして、英語を習得したいのです!

経過をちょくちょく報告しますね!!

大学生の「当たり前」

こんにちは、りーべるです。
大学1年生の1学期が終了しました。今日はそのことについて、話そうと思います。

個人的な内容が続いています。次こそは読者目線の記事を書きたいです。

大学は自主性がすべて

大学では自主性がすべてを決定する。
受ける授業は自分で選ばなければならないし、数あるサークルを選ぶのも自分。イベントも自分で参加表明しなければならない。
自分で考えて、選ぶしかない。
逆に、何かを強制されることもない。
宿題はほとんど出ないし、授業を欠席していても怒られることもない。
大学では、成長する人は大きく成長するし、堕落する人はどんどん堕落する。

私の大学1年生の1学期

1学期は慣れないことばかりで疲れた。

大学の授業は長いし、バイトを始めたし、平日の朝ゆっくりできるというのも不思議な感じだった。

ただ、時間的には暇だったと思う。

サークル活動はあまり活発でないし、バイトも積極的に入れなかった。

なにより、勉強を全くしなかったのである。

そして、いくつかの授業を「切った」。出席が成績に含まれない授業は出なくても単位認定される。

しかし、これが最悪な状況を作り出すことを私は知らなかったのだ。

当たり前のことをする

単位なんて落とすわけがないと思っていた。私は真面目な生徒だから。髪は黒いし、ピアスもつけてない、ネックレスもつけていない。

けれど、実際は単位を落としてしまったのだ。

「 切った」授業2科目、落とした。必修科目である。

今、後悔の念でいっぱいだ。どうしよう、親になんて言おう。あんなにお金を出してもらっているのに。

大学生で「当たり前」のことができれば、4年で卒業できる。ただ、その「当たり前」が周りの人によって歪められていないか、考えなければならない。例え、周りの友達がみんな授業を切っていてもそれは「当たり前」ではないのだ。

私も今日から、「当たり前」を取り戻さなければならない。

  • 授業は必ず出席する
  • 宿題は必ずやってくる
  •  復習を毎日する
  • テスト前になったら、テスト勉強する

こんなこと、「当たり前」だ。

けれど、これができなくなってくることもある、ということを知ってほしい。

一度、「当たり前」を失うと、取り戻すのには時間がかかる。圧倒的にそのままの方が楽だからだ。

必ず、取り戻さなければならない。私はそう決意したのだ。

 

 

言いなりではだめだ。縛られちゃだめだ。自分の頭で考えろ。

こんにちは!りーべるです。

今日はなんとなく思ったことを紡がせていただきます。

 最近、ビジネス本を読む

タイトルの通り、最近ビジネス本を読んでいる。PDCAの回し方だとか、時間術だとか、2:8の法則だとか。怠け者のジブンを変えようと思った。

けれど、なかなかそれらのノウハウを実践に移せない時があって、また自己嫌悪するのだ。なぜ実行できないのか、なぜ集中して勉強できないのか、なぜやるべきでないことをやってしまうのか。

そしてまた、その”なぜ”を解決するためにビジネス本を読む。

ふと思った。「自分で決めたことしかできないのではないか。逆に、自分で決めたことならばできるのではないか。」

自分で考えて、決めること

ビジネス本の著者たちは成功した人物だ。本を出版できるのだから、ほかの人にも認められた、素晴らしい人なのだろう。そんな人たちの真似をすれば、ジブンを変えられるのではないか、と誰しもが思い、本を買う。

ただし、彼らが行っていたノウハウは「自分で編み出したもの」である。

自分で理論立てて、もしくは自分の勘で考え出した方法である。もちろん科学的に証明されたものもあるだろうが。

私が思ったのは、”ジブン”で考え出した方法だから、効果が出たのではないか、やり遂げられたのではないか、ということである。

ジブンで選んだものは、なんとなく愛着がわくこと、ほかのモノより良く見えることってないだろうか。両親に与えられたモノよりも、大切にしたくなることがあるのではないか。(この視点は私が若いからかもしれないが、)

つまり、ジブンが「素晴らしい!」と思ったモノ、「この方法なら捗る!」と思ったコトならば、続けられるのではないか、ということだ。

親に言われると勉強する気がなくなるのも、この類かもしれない。

自分で考えろ

ビジネス本を読むのはいいことだ。ほかの人の考え方に触れられることは少ない。新たな情報を得ることもできる。

ただ、そのまますべてを信じて鵜呑みにして、「ジブンもこのノウハウを使えば、成功できる!!」と考えるのはいけない。そんな、楽して結果を得ようとしても成功することはできない。

ジブンで考えることが大切なのだ。私たちがナニカを得ることができるのは、ジブンで考えて、ジブンの中に飲み込み、昇華させたときのみだ。

さて、期末テストがやばいのでこれでいったん終わり。また続きのようなものを書くかもしれない。

Look Good Book!! 「2割に集中して結果を出す習慣術」

こんにちは!りーべるです。

本日"挑む"のは「完璧主義者から脱却すること」です。

本日の目次

 

本書の概要

図解 2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版 | 古川 武士 |本 | 通販 | Amazon

「どんなにがんばっても結果が出ない…」から抜け出すヒント! 
完璧史主義の人は、「がんばることに自体に美徳を感じている」
上手に力を抜く人は、「がんばらないで結果が出ることに美徳を感じている」
できる人は、上手に力を抜いています! 

ひとつでも当てはまる人は、本書をお読みください。
・ 仕事は丁寧だがスピードが遅い
・ なかなか定時に帰れない
・ 全部の仕事に全力で取り組んでしまう
・ 他人に頼るのが苦手
・ 先延ばしグセがある

【本書のポイント】
第0章 完璧主義が効率を下げる
まずは、あなたの完璧主義思考を診断しましょう。
第1章 「短時間で効率的」に仕事を終える
重要な仕事も雑用も、同じくらい労力をかけていませんか?
第2章 「効果的な工夫」で成果を高める
自分のこだわりが強すぎて、相手のニーズとズレていませんか?
第3章 「失敗を恐れず」行動する
万全の準備ができていないと、不安を感じていませんか?
第4章 「精神的な余裕」をつくる
失敗したら、すべて自分の責任だと背負い込んでいませんか?
第5章 「他人の力」を上手に活かす
何もかもひとりでやろうとして、重要なことがおろそかになっていませんか?

(amazon 商品の紹介より)

ということで、自己啓発本です。銀座マルイのツタヤで平積みになっていて、手に取りました。

個人的な感想

読んでいてひしひし感じたのは、自分がいかに完璧主義で時間をムダにしていたか、ということです。

2:8の法則というものがあります。「20%の努力で結果の80%の成果が得られる」というものです。テストで80点を取るためには、100点を取るための努力の20%でいい、というわけですね。80%の努力でいいことはどんどん楽していきましょう。

また、見切り発車でいい、ということにも心を動かされました。私はかなり前から「ブログを書き始めよう」と思っていたわけですが、なかなか実行に移せていませんでした。「まとまった時間ができたら」とか「ブロガー本を一冊読んだら」とか思って、慎重になりすぎていたんです。この本のおかげで、このブログは始まりました。見切り発車でいいんですよってね。

 "挑む"

実際に、私がこの本を読んで"挑む"ことは「完璧主義者を脱却する」です。

  • 慎重になってあれこれ考えるよりも、勢いで始めてみること
  • 大きく状況を見て、小さな失敗しても気にしないこと
  • 大切じゃないことには力を使いすぎないこと

今日も一日挑戦しよう!りーべるでしたー。